2018年12月31日

姿がかぶります。 高校生だった子たちと・・・

脊髄(胸髄)損傷後の腹部、背部の痛みに悩む方の鍼灸施術を始めて4ヶ月が過ぎました。


まだ痛みは持続しているものの、施術直後から数時間は緩和しているようです(奥様の目からも)。

寒くなると痛みが悪化するとの事でしたが、昨年のレベルよりは軽く保てているようです。


直後効果はみられるにしても、昨年からの変化が施術によるものなのか? 
自然経過によるものなのか? 

悔しくも正直、ここは何とも言えないところではあります。
(商売的には、効いてるからです! と言っちゃえばいいんでしょうが、ご本人にもありのままを伝えています。)



脊髄損傷と鍼灸に関する論文が見つからず、帯状疱疹後の肋間神経痛への鍼灸施術法を転用して行ってきました。

今後、どう施術していこうか、また考えようと思います。

8E724F58-B2EA-434F-88A9-9013E6BA9AF7.jpg



障害者の方々に寛容な会社にお勤めだったので、うやむやに雇用を切られることなく、4月には職場復帰の予定です。

ご本人も、復帰に向けて色々資格取得にチャレンジしたりと、とにかく前向き!


初めて高校生アスリート達を診たとき、カルテの生年月日に「平成1年・・・ 平成2年・・・ 」と書かれていて、

おっ! 平成生まれか!!
と驚きましたが、

その患者さんも、同学年でした。
彼らから、就職や結婚の知らせを受けるたびに懐かしく思っていましたが、
そんな彼らが、脊髄損傷になってしまったら・・・

毎回、思わず、姿がかぶります。


鍼灸は魔法でもまやかしでもないから、ウソみたいに治るなんてことはないけれど、ホント、魔法使いになって治してあげたい・・・!!!



posted by ヤノケン at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

【患者様へのアンケート】腰椎圧迫骨折後の腰痛および下腹部痛

矢野鍼灸治療院HP 患者さんの声


「ほんの近所を歩くのもままならず、家事もほとんど夫に頼んでいたのが、
1キロ先のモールにも歩けるようになりました!」


●疾患:腰椎圧迫骨折後の腰痛、下腹部痛
●アンケート日: 初診より約6ヶ月後

加工後_F Satoie様_圧迫骨折後の腰痛.jpg


●症状の経過
自宅内で転倒、第2腰椎の圧迫骨折を生じて1ヶ月半入院されていました。退院後10日ほどで再び痛みが強くなり、寝返りや立ち上がりもつらくて、ゴミ出しも家事もろくにできないとの事でした。

また、腰痛とともに下腹部にも痛みが生じるようで、ともに腰椎圧迫骨折によると診断されていました。

発症3ヶ月後より週2回の鍼灸を始め、当初の1ヶ月ほどは数時間軽くなるも、その後は再び痛みが戻ってしまうようでした。退院後から通所し始めたデイサービスでも、なかなか運動メニューをこなせずにいたようです。

しかし、その後は徐々に痛みが軽くなり、ゴミ出し、町内会の会合、そして1km先のショッピングモールへも歩けるようになりました。
下腹部の痛みはほぼ消失し、腰痛は残るものの、歩いているときにもあまり気にならなくなったようです。

初診から6か月後、週1回に減回しましたが、痛みはほぼそれまでのレベルに保てています。

加工後_F Satoie様_圧迫骨折後の腰痛.jpg

ただし、圧迫骨折の痛みは鍼灸で軽くなったからと言っても油断は禁物です。

圧迫骨折の大きな原因は骨粗鬆症です。
整形外科等、お医者様のもとで骨粗鬆症に対する治療を継続することも大事です。

その上で、鍼灸マッサージは痛みの緩和が期待できる方法のひとつなのです。
posted by ヤノケン at 05:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

初めての、アキレス腱損傷

先週11日、いつものようにホントに軽くジョギングしてた時に、ちょっとピキっと。

⁇⁇…

と思っていたら、その後も続く違和感…というか、痛み。

しかも、つま先立ち動作で微妙な刺痛。
圧した時の痛みは、もろに局所的。

9DBAE59B-E4D8-4153-A8E6-3403B66FA818.jpg

その後も痛みは引かず…
軽度ではありますが、アキレス腱損傷のようです。

とはいえ結局、週末まで放置ingしてしまいました…。

選手や愛好家の方々にはできるだけ放置して欲しくないのですが、自分の身体は得てして後回しになりがちです。


ということで、先週末にようやく自分自身で鍼をしました。

D2EC7826-A84C-4516-A999-E2BE06EEC7D3.jpg


アキレス腱の上部で、内側には筋組織がクサビ状に入り込んでいることもあってか、
受傷後の感じも、鍼を入れたときの感覚も、鍼の後の感覚も、肉離れの時と同じような感じでした。

鍼の当日も翌日も、痛みはそれほど軽くならないのですが、動きやすさが違う…
歩行でも軽くびっこ引く程度でしたが、鍼の後はそこそこ普通に歩けます。

アスリートに鍼が好まれるのは、こうした感触があるからでしょうね。



で、翌日、
ついつい、ちょい小走りしてしまい…ズキっと(^^;)

ま〜ったく、懲りないねぇ〜 オレ…!
すぐに動きたがる選手のこと、全く言えないですね…


止まると死んじゃう川魚なんで、仕方ないですね…(^^;)

posted by ヤノケン at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

また、体操教室をしてきました(^^)

先週末は、座間市の地位包括支援センターの方からの紹介で、市内の自治会主催の健康体操教室の講師をしてきました。

0D21B374-873A-4272-99A0-7D837172C925.jpg

5月に続き、今回が2回なので、色々とネタを変え、
年齢層に合わせて、やわらげる:7  きたえる:3  ぐらいの配分でやってみました(^^)


FF9DAB6E-5EB3-47F7-A309-E2110688738F.jpg

949FE549-7573-4AFB-98FC-72D867779EAF.jpg



結果は…
連休ともあって参加者は少なく、20名ほどでしたが、
参加者方々には、なんとか居眠りされることなく、時々のオチも笑ってくださって、無事終了(^^;)

良かった良かった〜(^^)

直接的に顧客獲得につながることではありませんが、高齢独居世帯が増加していくかつてのベッドタウン、お宅に訪問して鍼灸施術する私のような業者がいるんだということを知っていただければ嬉しいです(^^)

posted by ヤノケン at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

世間は、狭い…! 〔納豆の巻〕

D6AA4FBB-110F-43F6-81F6-523DCA049580.jpg

この、一見、昭和っぽい納豆、ウチの実家ではとっても懐かしいものなんです(^^)


父は山形県酒田市に半年ほど赴任していたのですが、そのときに母が日常の買い物で利用していた「バナナ屋」のおかみさんと親しくなり、

なんと、その後50年近くも、度々美味しいものを送ってくれていたのです‼️

この納豆は、その中にいつも入っていたそうで、私の実家ではホントに馴染みの納豆です。



で、この納豆が今なぜ私の手元にあるかと言うと、

私の歯を治療してくれる歯医者さんの腰や肩の施術を、私がしていますが、
なんと、歯医者さんの奥さんの実家は、この納豆の製造元だったのです‼️


いや〜、不思議なご縁というか…
やっぱり、世間は狭いですね〜(^^)

posted by ヤノケン at 21:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

またも…徘徊…⁇

先々週に徘徊していた患者さん、またも訪問時に不在でした…!

すかさず、娘さんとケアマネさんに連絡、次の訪問もあるので仕方なく出発しました。

昼過ぎ、スキマ時間に娘さんにTELしたら、娘さんは急遽駆けつけて辺りを探したものの…
まだ見つからず、帰ってきてもいないとのこと…


…警察には連絡しましたでしょうか?

と、お聞きしようと思ったところで、

「あ〜っ‼️   帰ってきましたっ‼️」

良かった〜‼️


今回の件もあり、ますます、認知症について体系的に勉強したくなってきました。

まだ、福祉住環境コーディネーターの試験が今月末に控えているのですが、
過去問5回分はすべて合格圏(^^)
こちらはもう大丈夫そう…

D3DF9F9C-E001-42FD-9CBA-D0FF5984EE2B.png


ということで、来年は認知症ケア専門士にチャレンジしようと思います。

posted by ヤノケン at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

超〜久々の横浜へ

先週末は、息子の絵を観に横浜へ。

私の父と姉も誘ったら来てくれて、小学生の子たちの絵を感心しながら眺めました。

AFED69D7-0CB6-41A2-A940-592685C78FE3.jpg

0DB51C88-15CB-416C-A195-2719315A2DDF.jpg


世の中、とんでもなくうまい子がいるもんですね…‼️
これで小学生?? 未就学?? という感じでした。



うちの息子も私とは雲泥の差ですが、もっととんでもなく飛びぬけて凄い子もけっこういるんですよね!!

スポーツでもなんでも、こういう子が将来プロフェッショナルになるんだろうなぁ・・と思いました。



その後、皆でちょっとお茶してから解散。

我が家はそれからみなとみらいの遊園地で観覧車とジェットコースターに乗り、
赤レンガ倉庫、山下公園、そして中華街へ。

9B89EB26-6CDB-4D1E-AE10-64BDA77DE114.jpg

16F72CD2-593C-4869-9B00-8A8CFA484314.jpg

3C333CD5-56D0-40D9-A5D0-EFA4DE971476.jpg



がっつり中華をいただいて帰りました。

私には久々の都会、やっぱ都会はくたびれます。
平塚、秦野ののどかさがやっぱり落ち着きます(^^)

posted by ヤノケン at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

認知症と歩行習慣

面白い研究ですよね(^^)


認知症と、日常的な歩行習慣の関連を示しています。


ただ、独居で軽度認知障害の方が一人でウォーキングしてしまうと、先週の私の患者さんのようになってしまう恐れもありますよね…


一緒に歩いてくれるような、家族や地域の人のつながりがあると良いですよね。


http://www.carenet.com/news/general/carenet/46936?utm_source=m1&utm_medium=email&utm_campaign=2018102700

posted by ヤノケン at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月27日

10キロ先で、偶然…‼️

一昨日、訪問スケジュールは大幅な変更をしました。

2軒目の独居の患者さん、何故か不在…
仕方なく、書き置きだけして次に回りました。

4軒目から5軒目に向かう途中、ふと歩道を見ると、なんとその患者さんが‼️

2263DEBA-95C2-42BD-9C64-D6840F411441.jpg


なんと、10キロ先で、まさに偶然‼️

「今日、私の鍼灸の日だったんですよ〜」

「あらごめんね〜! そうだったっけ? じゃあ今から家に戻りましょう。10分ぐらいで戻れるし(^^)」

・・・  「どっちに帰るんですか…⁉️ 」

「あっちよあっち(^^) よくここらへん散歩するのよ〜 」

180度、逆‼️
認知症の中核症状の一つ、見当識障害(時間や場所がわからなくなる)バリバリです・・・

とりあえず、私一人じゃ手が足りない・・・

幸い、すぐ近くに銀行があったので、患者さんを連れ込んで支援要請。

まずは見守りをお願いして、
私が怪しい者でないことを伝え、警察への通報を依頼。
バイクじゃ家まで送れないし、送ったって家で独りなら、またどこ行くかわからないし・・・

そして、娘さんと、ケアマネージャーさんにTEL。

娘さんは仕事中でしたが、程なく繋がりました(^^)

そして、20分ぐらいして、お巡りさん到着。
この20分の長かったこと・・・ 
患者さんは「もう帰るわよ!!」 って聞かないので、なだめなだめ・・・(T_T)

お巡りさんに事情を伝え、娘さんとも直接TELしてもらい、ようやく話がつき、娘さんがくるまで警察署で保護してくれることになりました。

「なんで警察署なんか行かなきゃいけないのよ!!」

という患者さんを、私たちだけでなく、その場に居合わせた方々も含め説得してなだめなだめ・・・、 
パトカーに乗って頂きました。

そんなわけで、2軒はお休み、2軒は1時間超の遅刻をさせて頂きました・・・。

こんなこともあって、最近考えていたことが決意として固まりました。
認知症ケア専門士の資格を取ろう!!
やはり、体系的に勉強するなら、ついでに資格取っちゃおう! と。

来年の冬には、合格しているよう、頑張ります!!
posted by ヤノケン at 07:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

久々の、救急要請!

9日は、朝一軒目から緊迫しました!


いつものように入室すると、寝床で苦しそうにしている患者さん、 

5日に施餓鬼に連れて行ってもらってから具合が悪くなり、翌6日に息子さんとかかりつけ内科に受診、風邪とのことで薬をもらい、

それからは同居の息子さんが時折様子を見てくれていたとのこと、


息子さんには、単に風邪をこじらせた程度と見えていたのでしょう…


まずは冷静になって、バイタル測定しながら問診。
体温、血圧はほぼ平常、だけど酸素飽和度が80%…?
身体中が痛い、寝返りだけでも痛い…?


なにが起きているか推測に迷いましたが、とにかく救急要請‼️

すかさず息子さんにも連絡して、戸締まりと施錠について確認。

しばらく、救急隊の方々に情報をお伝えして、その場を離れました。



そして夕方、
息子さんからTELが。
肺炎で入院したとの事でした。


高齢者の方々に多い、無熱性肺炎だったようです。
http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/main/kaisetsu4.html


全身的な痛みというのは、肺炎の教科書的な症状ではありませんでしたが、高齢者の場合は非定型的な症状が多いとのこと、

また大きな勉強になりました。


まずは、患者さんの無事を祈ります。

posted by ヤノケン at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする