2019年06月08日

義祖母を公園へ

先週末、ラッキーなことにすぐ近くの特養ホームに入所した義祖母を、
義母、ヨメさん、息子とともに公園に連れて行きました。

82BFB37D-1C32-4014-A51F-BE7C219FBBC6.jpg

日常の仕事がところどころで活かせてるかも(^^)



要介護や障害の方々への鍼灸でお金を頂きながら、自分の家族親族の今後について勉強させて頂いているという気がします。


一番、身にしみて感じるのは、つぎの瞬間には何が起きるかわからないってことです。

お年を召された方々だけでなく、若い人でも、タバコも酒もやらなくても、脳卒中や事故、難病などで、一瞬で人生が激変した方々を目の当たりにしてきました。


それは、自分や家族にも充分に起こりえる事で、生きてる限りはなにかの時限爆弾が絶対にセットされてるんですよね…。



「なんでこんな病気になってしまったんだろう…⁇」

というよりかは、

「オレに仕掛けられてた時限爆弾は、これなのか…!」


って考えた方がいいのかも…
なんて思うこの頃です。

posted by ヤノケン at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。