2018年10月19日

久々の、救急要請!

9日は、朝一軒目から緊迫しました!


いつものように入室すると、寝床で苦しそうにしている患者さん、 

5日に施餓鬼に連れて行ってもらってから具合が悪くなり、翌6日に息子さんとかかりつけ内科に受診、風邪とのことで薬をもらい、

それからは同居の息子さんが時折様子を見てくれていたとのこと、


息子さんには、単に風邪をこじらせた程度と見えていたのでしょう…


まずは冷静になって、バイタル測定しながら問診。
体温、血圧はほぼ平常、だけど酸素飽和度が80%…?
身体中が痛い、寝返りだけでも痛い…?


なにが起きているか推測に迷いましたが、とにかく救急要請‼️

すかさず息子さんにも連絡して、戸締まりと施錠について確認。

しばらく、救急隊の方々に情報をお伝えして、その場を離れました。



そして夕方、
息子さんからTELが。
肺炎で入院したとの事でした。


高齢者の方々に多い、無熱性肺炎だったようです。
http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/main/kaisetsu4.html


全身的な痛みというのは、肺炎の教科書的な症状ではありませんでしたが、高齢者の場合は非定型的な症状が多いとのこと、

また大きな勉強になりました。


まずは、患者さんの無事を祈ります。

posted by ヤノケン at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。