2019年05月31日

昇仙峡へ(^^)

先週末は、昇仙峡に日帰り弾丸旅行(^^)

00DD37D9-064B-4EA5-8937-DCF3A8E703D1.jpg


一番良い季節だし、ヨメさんの誕生日プレゼント代わりにと昇仙峡に行きました(^^)

日中は混むだろうと思い、6時前に出発、ヨメさんと息子には寝ててもらって一気に甲府に移動。

おかげで渋滞にハマることなく、休憩を入れても8:30には着きました。


57517B17-9B3B-4B6A-A7B6-DEFE4F1F2B5D.jpg

49F085C0-A0C9-46A3-B5DE-7248DB68A4F4.jpg

私自身も初めての昇仙峡、
上流の生活排水のせいなのか? 沢の水は少し濁り、よどみには洗剤の泡のようなものも浮いていましたが、渓谷の岩山は見事でした(^^)

posted by ヤノケン at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

患者様インタビュー「施術後1、2時間ぐらいはスッキリします。あまり横にならなくて済むようになりました。」脊髄梗塞後の胸部痛

●脊髄梗塞後の胸部痛: 
29歳 男性 Kさん

「施術後1、2時間ぐらいはスッキリします。寒いと痛くて痛くて横になることが多かったのですが、あまり横にならず過ごせています。」




※残念ながら、全ての患者さんにこのような結果が出る訳ではありません。施術を重ねても、全く変化がみられない方もおられます。
しかし、慢性的な痛みにお悩みなら、鍼灸を試してみる価値はあると思います。

サーフィン体験中にSurfer's myelopathy(サーファーズ ミエロパシー)という胸髄損傷を生じ、下半身に完全麻痺が残る方でした。
上腹部と背部に残る強い痛みに対し、鍼灸の依頼を受けました。

初診時は発症より2年半が経過していたため改善は難しいかと思いましたが、週2回、鍼灸を主に施術しました。
脊髄損傷後の痛みに対する鍼灸についての論文等が見つからず、帯状疱疹後神経痛の鍼灸施術方法を流用しました。

痛みは毎回の施術直後から2時間ほどは緩和するようでした(奥様から見ても)。

寒くなると痛みが悪化し横になることが多かったそうですが、施術開始から半年、冬はあまり横にならず過ごせたそうです。
初診より9ヶ月、麻痺は変らず、痛みはやや残るものの、職場復帰を果たせました。


今回の患者様は、胸髄梗塞という脊髄損傷の一種によって、上腹部への神経痛が生じていた方でした。
Surfer's myelopathy(サーファーズ ミエロパシー)という珍しい症例でしたが、このような神経痛でも、鍼灸でわずかながらでも改善がみられる方がおられます。

鍼や灸・マッサージでは、変形した骨などを治すことはできませんが、痛みのために緊張を強めている周囲の筋肉を緩めたり、
圧迫され過敏になった神経を鎮めることにより、痛みをやわらげる効果が期待できます。
posted by ヤノケン at 05:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

テニスに海に、プチ散歩に(^^)

先週末の日曜は、あちこちを転々と(^^)


午前中は、姉一族と一緒にテニス🎾


D6AC0BB7-5BE1-47A7-8E2E-E9CB69562D20.jpg


7C503CC3-F288-4015-A573-05BC06FB072C.jpg


まだまだ慣れないコートですが、テニス上がりの義兄、甥をはじめ、みんな上手い‼️ 


息子にも稽古つけてくれてありがたいです(^^) 


って言うワタシは…

ホームランやらネット直撃やら…

オレも稽古つけてもらわないと…



テニスの後は皆でそば食べて解散。


その後、我が家は海に寄り道です(^^) 

砂浜では、定番のお絵かき大会(^^)


52284DE1-4B4C-4C4D-A69C-82CC2A706B14.jpg


B6209E98-D62C-4E3B-8E77-C50FB0196C17.jpg


やっぱり、気持ちいいですね〜! 海は(^^)


その後、自宅に戻りましたが、

郵便出しついでに大学内を散歩しようとヨメさんが来てくれて、新緑の中を歩いてきました(^^) 


37868B5C-1944-45EA-8A37-2DE4B1AEC791.jpg


朝には頭が痛いと言っていたので心配でしたが、天気の良い一日を乗り切れたので良かった〜(^^)

posted by ヤノケン at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

カレンダーにいっぱいの訂正線&上書きは…

患者さんのお宅では、このようにぐちゃぐちゃに書き込まれたカレンダーが眼に入ってきたりします。

6B269068-32CE-4723-842B-B48430F65627.jpg


訂正線があちこちに…。
しかも上書きした予定は訂正線で消した予定と同じなことが多く…。


185CB231-A5D8-432F-A463-EAEDDCD39CE4.jpg

そして、困ったことに、同じような予定を書いた別のカレンダーが他にもいくつかあったりします…。

4D54C776-2D5F-4578-A545-94783AC41DAC.jpg


大抵は、すでに認知症の診断済みで、ケアマネさんもご家族も状態を把握されていることが多いのですが、
ご家族の理解がないのか、受診されていない方もいました。



このカレンダーの主の方は、2ヶ所の病院にて診察を受けるも、認知症スケールの境界値より上で認知症とは診断されていません…

しかし、すでに何度か徘徊もしています。


娘さんはこまめにTELしたり、休日は様子を見に来ますが、ご本人の独居は当面続きます。


ケアマネさん、ご家族への報告をこまめにとっていきたいと思います。

posted by ヤノケン at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする