2018年12月31日

姿がかぶります。 高校生だった子たちと・・・

脊髄(胸髄)損傷後の腹部、背部の痛みに悩む方の鍼灸施術を始めて4ヶ月が過ぎました。


まだ痛みは持続しているものの、施術直後から数時間は緩和しているようです(奥様の目からも)。

寒くなると痛みが悪化するとの事でしたが、昨年のレベルよりは軽く保てているようです。


直後効果はみられるにしても、昨年からの変化が施術によるものなのか? 
自然経過によるものなのか? 

悔しくも正直、ここは何とも言えないところではあります。
(商売的には、効いてるからです! と言っちゃえばいいんでしょうが、ご本人にもありのままを伝えています。)



脊髄損傷と鍼灸に関する論文が見つからず、帯状疱疹後の肋間神経痛への鍼灸施術法を転用して行ってきました。

今後、どう施術していこうか、また考えようと思います。

8E724F58-B2EA-434F-88A9-9013E6BA9AF7.jpg



障害者の方々に寛容な会社にお勤めだったので、うやむやに雇用を切られることなく、4月には職場復帰の予定です。

ご本人も、復帰に向けて色々資格取得にチャレンジしたりと、とにかく前向き!


初めて高校生アスリート達を診たとき、カルテの生年月日に「平成1年・・・ 平成2年・・・ 」と書かれていて、

おっ! 平成生まれか!!
と驚きましたが、

その患者さんも、同学年でした。
彼らから、就職や結婚の知らせを受けるたびに懐かしく思っていましたが、
そんな彼らが、脊髄損傷になってしまったら・・・

毎回、思わず、姿がかぶります。


鍼灸は魔法でもまやかしでもないから、ウソみたいに治るなんてことはないけれど、ホント、魔法使いになって治してあげたい・・・!!!



posted by ヤノケン at 07:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月27日

【患者様へのアンケート】腰椎圧迫骨折後の腰痛および下腹部痛

矢野鍼灸治療院HP 患者さんの声


「ほんの近所を歩くのもままならず、家事もほとんど夫に頼んでいたのが、
1キロ先のモールにも歩けるようになりました!」


●疾患:腰椎圧迫骨折後の腰痛、下腹部痛
●アンケート日: 初診より約6ヶ月後

加工後_F Satoie様_圧迫骨折後の腰痛.jpg


●症状の経過
自宅内で転倒、第2腰椎の圧迫骨折を生じて1ヶ月半入院されていました。退院後10日ほどで再び痛みが強くなり、寝返りや立ち上がりもつらくて、ゴミ出しも家事もろくにできないとの事でした。

また、腰痛とともに下腹部にも痛みが生じるようで、ともに腰椎圧迫骨折によると診断されていました。

発症3ヶ月後より週2回の鍼灸を始め、当初の1ヶ月ほどは数時間軽くなるも、その後は再び痛みが戻ってしまうようでした。退院後から通所し始めたデイサービスでも、なかなか運動メニューをこなせずにいたようです。

しかし、その後は徐々に痛みが軽くなり、ゴミ出し、町内会の会合、そして1km先のショッピングモールへも歩けるようになりました。
下腹部の痛みはほぼ消失し、腰痛は残るものの、歩いているときにもあまり気にならなくなったようです。

初診から6か月後、週1回に減回しましたが、痛みはほぼそれまでのレベルに保てています。

加工後_F Satoie様_圧迫骨折後の腰痛.jpg

ただし、圧迫骨折の痛みは鍼灸で軽くなったからと言っても油断は禁物です。

圧迫骨折の大きな原因は骨粗鬆症です。
整形外科等、お医者様のもとで骨粗鬆症に対する治療を継続することも大事です。

その上で、鍼灸マッサージは痛みの緩和が期待できる方法のひとつなのです。
posted by ヤノケン at 05:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

初めての、アキレス腱損傷

先週11日、いつものようにホントに軽くジョギングしてた時に、ちょっとピキっと。

⁇⁇…

と思っていたら、その後も続く違和感…というか、痛み。

しかも、つま先立ち動作で微妙な刺痛。
圧した時の痛みは、もろに局所的。

9DBAE59B-E4D8-4153-A8E6-3403B66FA818.jpg

その後も痛みは引かず…
軽度ではありますが、アキレス腱損傷のようです。

とはいえ結局、週末まで放置ingしてしまいました…。

選手や愛好家の方々にはできるだけ放置して欲しくないのですが、自分の身体は得てして後回しになりがちです。


ということで、先週末にようやく自分自身で鍼をしました。

D2EC7826-A84C-4516-A999-E2BE06EEC7D3.jpg


アキレス腱の上部で、内側には筋組織がクサビ状に入り込んでいることもあってか、
受傷後の感じも、鍼を入れたときの感覚も、鍼の後の感覚も、肉離れの時と同じような感じでした。

鍼の当日も翌日も、痛みはそれほど軽くならないのですが、動きやすさが違う…
歩行でも軽くびっこ引く程度でしたが、鍼の後はそこそこ普通に歩けます。

アスリートに鍼が好まれるのは、こうした感触があるからでしょうね。



で、翌日、
ついつい、ちょい小走りしてしまい…ズキっと(^^;)

ま〜ったく、懲りないねぇ〜 オレ…!
すぐに動きたがる選手のこと、全く言えないですね…


止まると死んじゃう川魚なんで、仕方ないですね…(^^;)

posted by ヤノケン at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする